NPO法人 シニアのための市民ネットワーク仙台

 わいわい句会は初心者中心の俳句会です

 

 「わいわい句会」はシニアネット仙台「一番町サロン」にて賑やかに開催しています。ほとんどの参加者は俳句の初心者で、現在は15名で活動しています。

 外部講師の指導を時折り仰ぎ、「金子兜太の俳句塾」(毎日新聞社刊)を読み合わせたり、互いの作品を評価しあいながら俳句づくりの向上を図っています。

 

平成27年仙台七夕、鐘崎蒲鉾店の竹飾り
平成27年仙台七夕、鐘崎蒲鉾店の竹飾り

 

  2015年12月の句会より

 

初雪や右の手袋探しおり          いつつばし

泥中の蓮より出でし冬の虹      わるつ

日溜りの枯葉に縋る冬の蠅       信

深秋や奏でる音色闇を舞う       涼呂

吊るし柿猫と目の合う真昼どき     翠風

湯煙りや色香霞みし楓かな       玲

山茶花や散りゆく先を追い続け     さとか

湯の里や人影消えて雪見酒       アキノ

ほのぼのと心しみるや暖炉の火     英

路地裏や心静もる冬の雨        十枡

酔いし夜や足洗い寝る雪しんし     愚庵

寒禽の遠く聞こゆる旅の空       おおばこ

あれもいいこれもよかった年忘れ     大丈夫